ショップでペットを買う前にやる3つの事とは?

Posted by , 2015年7月27日

最初に行うのは飼い方の勉強?

ペットショップで購入する前に欲しいペットの飼い方や特徴をキチンと把握しておく必要があります。正しい知識を持つ事はトイレなど道具の準備以外に飼い主もペット自身も安全に飼う為でもあります。ペットショップで販売される犬猫は血統書が付いた純血種が多く、どんな先天的な病気を持ちやすいのか、段差など家の間取りなどで腰痛などを起こす可能性があるのかチェックしてペットショップやブリーダーとのトラブルを予防します。爬虫類なども病気を持っている可能性があるので事前に勉強しておきます。

ブリーダーなどを要チェック

ペットショップの多くはブリーダーとの仲介でしかありませんので、どこから買い取っているのかブリーダーや業者をチェックしておくとブリーダーの特性や考慮すべき点が判るので事前にホームページやショップを通じて情報を収集しておきます。その際に販売しているペットの親もどのような親かどうか確認しておくと、先天性の欠陥などもチェックできます。爬虫類や小動物は業者がどのような業者か、キチンと、法律を厳守している業者かチェックしておくのも大事です。

医療保険に加入するか・加入できるか

ペットを医者に診てもらう機会が増えますが、人間と違って医療費も高額になるので事前にペット専門の医療保険に加入すべきかどうか・加入できるかどうか確認しておきます。ペットショップを通じて加入も出来ますし、通う予定の獣医が対応している保険会社をチェックする事も忘れずに行います。購入した後は直ぐに獣医でチェックを受け、異常や先天性の疾患が隠れていないか診て貰います。保険の内容も忘れずにチェックして、どの程度補填してもらえるのか確認しておきましょう。

神奈川県の横浜市は、神奈川県でも最大の都市で非常にたくさんのペットショップがあることから、子犬販売なら神奈川では横浜市が最適です。